大都会全線停車

とうらぶの二次創作描きたい

Entries

櫻子さんの足下には死体が埋まっている 八月のまぼろし(太田紫織)

元々のページ数が少ないのに加えて連休だったので、1日平均100ページという目標を奇跡的に達成でき、2日で読めた。
もう夏は終わってしまったけれど、まだまだじんわりと暑い。惜しむらくはせめてあと2週間早く読みたかったけれどね。


おおおお!ハシブトとハシボソの違いが述べられている!!
2002年5月の『地球!ふしぎ大自然』で見て以来、ずっと心に留めていた。
特に鳴き声なんかは家のなかにいてもわかるから特徴的。昔は実家の近所にはハシボソもいた気がするけど、最近ではハシブトしか聞かないな。うちの猫を襲っていたのはどっちだろう。
虫とかならまだしも、脊椎動物を私情で殺す人とは絶対にかかわりたくない。そういうのを平然とやる人が周りにいるのかと思うと気持ちが悪い。
動機も完全に逆恨みだし、思い込みが強くてさらに極端な行動を起こす人はやはり受け容れられない。
せっかく沢さんも交えて烏にまつわる様々な話が聞けたのに、序盤とは打って変わってどんどん読後感が悪くなる……。
唯一の救いは、正太郎のお母さん(今巻で名前が判明し、なんと巴さん!)がお父さんのことを今でも想っているということかな。

2篇目は短いこともあってか、日常の謎系のお話。
櫻子さん、磯崎先生、内海さんそれぞれの視点から怪談を解き明かしていくのが面白い。シリーズものだと「このキャラはこういう面に強い」というのがわかっているからなおのこと。
怪談の実態も、ご当地らしさが出ていてよかった。残念なことに雪国には縁がないので、自転車で通っていて春に困る道路事情は全くわからなかったけれど。
蕎麦の産地といえば信州しか知らなかったが、北海道にもあるんだねえ。行ったことすらないけどどんどん北海道に詳しくなっていくwww

最後はまた陰惨な話。
何かどんでん返しがあるだろうとは思っていたが、こういう形とは……。
範子さんが小学生の頃に不自然な骨折を繰り返していたという時点で叔母さんが怪しかったが……。
幸いなことに私は虐待とは無縁な家庭で育ったので、虐待してきた人間(親のような存在でも)を庇う心理になってしまうというのが理解できない。虐待してきた人間ではなく加害者が憎い者を殺害するのに加担するという心理はさらに理解できない。
最早マインドコントロールの域だ。
外面がいい人を信用できないというのはわかるかも。将に外面は菩薩、内面は夜叉――。
暗号は最初、1~7までなのでド~シで何かの曲を表しているのかと思ったが、よくよく考えれば半音がないし調にもよるから無理があったか。
範子さんが上杉謙信好きというのがまさか伏線になっていたとは!コナンで映像ありきの暗号にはだいぶ慣れたけど、小説みたいに文字だけで表示できる暗号は未だに解けないな。換字式というのは上記のように流石に見当がつくが、何に換えればいいのかがわからない。48文字とか26文字みたいにわかりやすかったら別だけど。
上杉暗号を調べてどう置き換えるのか調べてみよう。
リジー・ボーデンのことは知らなかったので、今度調べてみよう。

平穏無事に終われないのがこのシリーズのつらいところ。
ラノベは知らんが、一般文芸だとシリーズものでもその巻で完結ということが多いなか、この櫻子さんシリーズは次巻にまで不安を残していく。
現実・フィクション問わず、人が争っているの場面は苦手だ。当事者でなくても心が曇る。
正太郎は櫻子さんを信じていたいし、櫻子さんは自分に過剰な期待をされたくない。
櫻子さんが大人といってもまだ20代だし、正太郎は高校生だから尚更お互いの主張を譲りたくないのだろう。
プロローグでの三奈美さんの独白が、櫻子さんが花房の白い蝶になってしまったように暗示させる。そんなことはないと信じているけれどね。


最後の磯崎先生の言葉が、『アスタリスク』2期OPラストカットの枯れる花を連想させた。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

如意自在

Author:如意自在
某大都会県在住です。
もう勉強しなくてもいいということに咽び泣く。

本の感想:歴史ものと推理ものがメイン……のはず。
絵:少年漫画(ジャンプ)に感化されたものが多いです。

世界ふしぎ発見!マニア。2002年5月25日以降のデータは保存済み。
オカルトとかも好きです。あの胡散臭さがたまらない。

現在無双OROCHI2(PSP版)をプレイ中。
げんきっき!


以下、好きなもの。
人文科学、自然科学。このへんはストライクゾーンが広いです。

人文科学は本好きなので、そこから得た知識だったり、博物館・美術館に実際に行ったり。
歴史を好きになったきっかけは吉川豊先生の漫画かな?

自然科学のほうも博物館通いとNHKスペシャルの賜物ですね。
『生命』と『地球大進化』は名作。
短いのだと『恐竜vsほ乳類』かな。
物理・化学系は苦手ながらもあさりよしとお先生の著作で頑張って勉強してます。


少年漫画:90年代のジャンプ漫画を中心にそれ以降の作品がメイン。
ベストはるろうに剣心、次点で封神演義。BLEACHとか銀魂とかからもかなり影響受けてますね。
大元を突き詰めればドラゴンボール。かめはめ波の練習はやるよね!?

音楽:浜崎あゆみ、ALI PROJECT、Sound Horizon。
その他アニソン。

小説:司馬遼太郎、京極夏彦あたりがドストライク。
女性作家の文章よりは男性作家の文章のほうが好み。


(ΦωΦ)<猫好きです!
2014122904.jpg


好きなアニメ会社
京アニ、P.A.、A-1、J.C.、I.Gなど。


リアルでは話しかけづらい空気を醸し出しているらしい……ですがそんなことはないので、お気軽にどうぞ!

また思いついたら何か書きます。


最終更新日
2016年2月7日

pixiv

最新記事

Lc.ツリーカテゴリー

カウンター