FC2ブログ

大都会全線停車

とうらぶの絵や漫画描きたい

Entries

ちょんまげ、ばさら ぽんぽこもののけ江戸語り(高橋由太)

読み進めていくと、前巻の話はこのための長い前振りだったのだと気づかされる。
江戸が危機に陥った際、急拵えの仲間たちでは立ち向かう小次郎も心許ないだろうし、読者も感情移入できまい。
そこを、前に1冊書いておくことで、既知の仲間たちの活躍が頼もしく感じる。


1冊目が単巻完結だったのに対し(上でも述べたように、シリーズを進めていくうえでの地盤固めにあたる)、今巻から話がかなり壮大になってきている。
ぽんぽこの化け術くらいだったもののけ要素も、帰煞の存在によりぐっと増えた。

戦国無双好きなので、当該ゲームに登場する武将たちのオンパレードには心が躍った。
上杉謙信は女性説をベースにしているので、『雪花の虎』の虎ね。

陰陽五行に基づくそれぞれの刀の技も、バトル漫画を髣髴とさせてよい。


江戸城は葛葉と晴明に陥落せられ、これから小次郎たちが奪還する展開となるのだろうが、時国に対してはどう始末をつけるのだろうか。
また、ぽんぽこと別れなければならない理由とは?
スポンサーサイト

ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこもののけ江戸語り(高橋由太)

こんなに痛快な時代小説を、現代の作家が書けるのかと、新たなる世代への希望が灯った。
同じ表現をやや使い気味であることは否めないが、それもよかろう。表現の多様さだけが文章ではない。
彼は間違いなく、新しい世代の旗手となれる存在だ。


タイトルに「もののけ」とあることから、正統な時代物ではないだろうなあとは思っていたが、これはこれでぽんぽこのキャラをよく活かせている。
物語はこれから江戸、そして平安へと移っていくそうだが、もののけのぽんぽこの出自がわかったりするのかしら。

別に女性蔑視をしているわけではないが、痛快で読んでいて気持ちがいい文章というのは男性作家のほうが得意だと思う。
文章の無駄を削ぎ落とし、読者がストレスフリーで読める工夫が凝らされているからだ。
そしてその手法には、時代小説というのはめっぽう相性がいい。調べてみると、著者は往年の時代小説の大家のファンであるそうなので、過去の名作を読んでいくうちに自分の手法としたのだろう。


さて、物語の舞台は文治政治下の江戸。侍は過去の遺物となり、戦国の遺風さえ微塵も残らなくなった時代だ。
だがそれでも、多くの時代小説が18世紀~19世紀前半を舞台としているのに対し、こちらはまだ時代が古い。
由比正雪の乱や柳生家といった実在の出来事・人物を絡めながら、そこに架空の存在である小次郎たちを上手く融合させている。
カテゴリとしては「時代小説」だが、これだけ事実が混ぜ込まれているのだから、一緒にすることはできまい。
本筋にかかわらない程であれは、「剣客商売」の田村意次や「眠狂四郎」の水野忠邦も登場するが……(田沼意次は三冬の父なのでかかわっていないわけでもないが)。
私は浅学にして知らなかったのだが、もし由比正雪の乱に詳しい人が読めば、弥生の苗字と時代を考慮すれば、弥生の出自について素早く辿りつけたのだろうか。
廉也に関しても調べてみたが、こちらは完全に創作のようだ。

時代小説の二大ジャンル、推理と剣戟をどちらもとっているので一口で二度美味しく読めるのも嬉しい。

デカルコマニア(長野まゆみ)

最初にこの本の存在を知ったのは、当時楽しみにしていた読売新聞が毎週日曜日に載せている書評だった。
すかさずメモをし、文庫化したら買おうと伏すること――7年。通常文庫化される年数の倍以上待った。
7年待った(正確には買ってから読み終えた今日までが半年以上あるので、ほぼ8年)結果、私は幻想世界の扉を開く資格を得る大人へと成長していた。


作者が意図的に、登場人物を読者が混乱するように配置していることはいうまでもない。
彼らを彩るのは、荊や蔓草であって、けっして1本の糸ではない。



幻想のやさしい灯火に照らされて寝る支度をはじめ、幻視に囲まれて眠りに落ちる。
しあわせな夢が見られるだろう。


昨日の僕が僕を殺す(太田紫織)

発売から8カ月以上、やっと読めたー!
だが作中の時季設定上、遅れて読んだほうがよかったのかもしれない……?
太田さんは刊行ペースがはやくて、まだまだ新刊が溜まっているのよね。


今回は、小樽が舞台。といっても、何度も書いているように北海道の土地勘ゼロの私には、毎度のことながらピンとこない。
運河が有名なのは全国クラスで有名だが、ガラスや工芸品が有名なのは「櫻子さん」のほうで読んだ。
さっき位置を調べてみてなるほどと思ったが、確かにこれならロシアに「近い」。

殺伐とした事件を絡めながら男子高校生視点で話が進んでいく展開は「櫻子さん」と同じだが、あちらが法医学という理知を武器にしているのに対し、こちらはなんとあやかしたち、この世ならざる存在がキーとなる。
「パンと塩の家」の住人たちのみならず、ルカのクラスメイトにも多数いるという設定に驚いた。

ルカの「花嫁」の件はまだ解決していないが、次巻のタイトルが『リュウグウノハナヨメ』なので何か進展がありそう?
あと、蝶子や迦陵がどんなあやかしなのか、もね。


今回起きた殺人事件、まあ先生は怪しいだろうなと思っていたら本当に犯人だった。神の視点をもつ読者からすればその怪しさは一目瞭然なのだけれど、名前のない周辺住民全員が容疑者であるルカ視点からすれば、考えもしなかったことだろう。
生物の先生は怪しいのか。
太田さんの描く事件は、身近なだけにドロドロ感が凄まじいよね。親しい間柄の人間が「まさかこんなことを起こすなんて……」という事件がよくある。
同時期に起きた旭川のショッキングな事件ってもしかして骨がかかわっていたり……?(櫻子事件年表とかないだろうか)

272ページの先生とルカのやりとり。
私の生い立ちはどちらかといえばルカに近いので、申し訳ないながら「先生、今更気づいたの?」なんて思ってしまった。
当たり前だと思っていた日常生活が壊れた経験をもたない人には、一生わからないだろうなあ。だから私は、そんな経験のない能天気な人々に苛立ちを覚えることがある。


物語は続いていく。
晴れて「パンと塩の家」の一員となったルカには、失われた日常を取り戻してほしい。
うちの猫も、また私の前に姿を現してくれたらいいのに。もう一度あのふわふわくねくねの体を抱きしめたい。
*CommentList

千葉千波の怪奇日記 化けて出る(高田崇史)

ひっっっさしぶりの千波くんシリーズ。ぴいくんも慎之介も無事(?)大学生になれてよかったよかった。
完全に名前のせいだけど、関東上流江戸桜レベルの大学と予想。まあ浪人時代遊んでばかりだった彼らなら仕方がない。


今回はクイズ・パズルは1章に1つ程度にとどまり、ぴいくんたちが通う大学にまつわる怪異事件の謎を解くのがメイン。
千波くんによって鮮やかに解かれたあと、最後にぴいくんがゾワリとする後日談を語ってくれる。
最終章の「立って飲む」については、もしやと思って調べてみたら実際に「立ち呑みの日」があるのね。藤原法仁さんという人も実在の人物だそうで。各店の店主たちも恐らく当時の実在の人物と思われる。

それにしてもこのシリーズは変な名前の登場人物の多いこと多いこと!
ギャグ調だからか、これでもかと珍名人物たちが登場して、笑わせてくれる。
また、新キャラの女子二人もキャラが濃い。特に古都里ちゃんの描写なんて、毎回声に出して笑ってしまった。
海月ちゃんの「え?」は高田さんの自虐なのだろうか……(高田作品には「えっ」がとても多い)。


堪え性もなく、そして考える頭もなかった私は、随分前にぴいくんの本名を検索した。
果たして彼の本名が本編で明かされる日は来るのだろうか。
今のところ続刊予定はないが、またぴいくんの「本当だよ」を聞ける日を心待ちにしている。本当だよ。

ご案内

プロフィール

如意自在

Author:如意自在
某大都会県在住です。
もう勉強しなくてもいいということに咽び泣く。

本の感想:歴史ものと推理ものがメイン……のはず。
絵:少年漫画(ジャンプ)に感化されたものが多いです。

世界ふしぎ発見!マニア。2002年5月25日以降のデータは保存済み。
オカルトとかも好きです。あの胡散臭さがたまらない。

現在無双OROCHI2(PSP版)をプレイ中。
げんきっき!


以下、好きなもの。
人文科学、自然科学。このへんはストライクゾーンが広いです。

人文科学は本好きなので、そこから得た知識だったり、博物館・美術館に実際に行ったり。
歴史を好きになったきっかけは吉川豊先生の漫画かな?

自然科学のほうも博物館通いとNHKスペシャルの賜物ですね。
『生命』と『地球大進化』は名作。
短いのだと『恐竜vsほ乳類』かな。
物理・化学系は苦手ながらもあさりよしとお先生の著作で頑張って勉強してます。


少年漫画:90年代のジャンプ漫画を中心にそれ以降の作品がメイン。
ベストはるろうに剣心、次点で封神演義。BLEACHとか銀魂とかからもかなり影響受けてますね。
大元を突き詰めればドラゴンボール。かめはめ波の練習はやるよね!?

音楽:浜崎あゆみ、ALI PROJECT、Sound Horizon。
その他アニソン。

小説:司馬遼太郎、京極夏彦あたりがドストライク。
女性作家の文章よりは男性作家の文章のほうが好み。


(ΦωΦ)<猫好きです!
2014122904.jpg


好きなアニメ会社
京アニ、P.A.、A-1、J.C.、I.G、動画工房、SILVER LINKなど。


リアルでは話しかけづらい空気を醸し出しているらしい……ですがそんなことはないので、お気軽にどうぞ!

また思いついたら何か書きます。


最終更新日
2018年3月18日

pixiv

最新記事

Lc.ツリーカテゴリー

カウンター